妊婦さんと間違われた話

主婦の日常

妊婦さんが電車の中で周囲の人に助けてもらったというエピソードを見かけると、こちらまで嬉しくなります^^

でも「この方は妊婦さん…かな…??」と迷うことも。

マタニティマークがあると自信をもって声をかけられるので、妊婦さんはぜひマークの携帯をお願いしますね^^

妊婦さんと電車といえば、以前こんなことがありました。

当時流行してたチュニック&レギンスでおでかけ

一人目の子供が一歳だった頃。

その日私は友人達と食事の約束があり、夫に子供を預けてでかけました。

久々に一人で電車に乗ってのおでかけにワクワクしていると、冠婚葬祭帰りと思われるご夫婦に声をかけられました。電車に乗っていたら夫婦に声をかけられた。その当時、チュニックとレギンスが流行ってたんですよね。
(チュニックって!若いママさん知ってますか!?レギンスも今流行ってる薄い色でゆるっと履くやつとは別物ですー!)

この格好、ラクチンで良かったんですけど、マタニティウェアみたいなんですよね。

加えてまぎらわしい体型の私^^

このご夫婦は私が妊娠していると思って、親切に席を譲って下さったのです。

確信を持った「わかってますから。」

電車の中で妊婦と間違えられる。
もちろん譲ってもらう理由がないのでお断りしました。
しかしご主人の方がそれをビシッと制し、

「わかってますから。」

と力強くおっしゃったのです。

私は圧倒されて(ただの太った人ということを証明し続けるのも恥ずかしい^^)その場は妊婦になりきってありがたく座らせていただきました。
おなかをさする小芝居をしつつ…。


あのご夫婦は予知していた!?

そのあと会った友人達にこの話をして笑った(笑われた)のですが、翌週になってなんと二人目を妊娠していることが発覚。

あの時のご夫婦が「わかってますから!」って言ったのって…。

もしかしてこのことだったの…!?

あの人たちはいったい…!?

いや単に私の体型と服装がまぎらわしかっただけですね!

でも人の優しさや気づかいってありがたいことだな~^^というお話でした。